五月末短観

金曜は円高に引き摺られ、週末手仕舞いで下げ終いの-0.5%の-894,941。
今週は2.5%上げて+4,684,885でフィニッシュ。
上出来です。
ちなみに今月は三百増資して色々刺さりました。
打診買い程度でしたがそれら新参組も貢献してくれましたね。

先月のフランス選挙でポピュリズム台頭不安で先取り売りがあった反動なのかセルインメイらしい下落なく寧ろ安心感拡がりいつの間にやら五月末で五月も残り三日。
月曜は権利落ちもあり下げて始まりそうですが売り込みも程々に為替に振られながらも外国人が買い集め続けてるようなんでなんだかんだ支えられて終いかな。

にしても日本企業、円高耐性だいぶ強くなりましたね。北将軍の円高誘導ミサイルも数が多いせいか効果減弱気味。
キナ臭さが漂ひはするもののエゲレスのテロにも反応しなくなる程に世界の株価は全般平和そのもの。
原油に連れやすいロシア軟調、期待の大統領も汚職のブラジル急落と一部乱れた程度かな。
十年前に少し買ってたブラジル投信、BRICs投信が喰らって乱れましたが数十万円程度なんで放置。どーせ戻すでしょ。

決算もひと段落したのでこれから夏枯れ相場突入。ドル円111円に固定したいような値動き続いてるんで来月も2万超えも乗せも難しいんちゃうかな。米利上げは織り込んでるだろうし120円にならない限りは乗せないかと。
で第一四半期決算ラッシュのお盆後に業績好調であれば2万超えるかな?

個人的にはシリアが荒れない、米利上げ回数が予定の三回より減らない、9.11規模のテロが起きない、大震災が起きない限りは年内19000に触れることはないと読んでます。

以上短観でした。
皆さんはどう読まれてます?
IMG_0047.PNG
♪朝陽浴び 碧く煌めく 波模様♪
あさひあび あおくきらめく なみもよう

この記事へのコメント