JCのその後

JC。
JUMPING CATCH。
所謂、高値掴み。

出来れば避けれるものなら避けたいところではありますが…
いちど点火するとほんまもんの割安業績好調銘柄は、時勢に乗ると勢いが止まらなくなりあれよあれよと高嶺の花に。
時価総額が安いと尚更、上昇圧力がハンパなく強い。
直近でいうと
いきなりステーキのペッパー。
割安ではなかったものの火が付くと担ぎ上げ早いですね。
あっと言う間の4倍です。
分割後狙ってはいたものの勢い流石に止まるかなと思い待ってたらば上方修正を契機にぶっ飛び…

ネタ騰げは大体下げ局面もあり押し目狙いもできますが二桁以上の上方修正は時価総額や修正理由が持続時な収益で今後に期待できる場合は騰げ続けますね^^;

最近の騰げ方がバブリーで先行き怪しいのがライザ組。
優待錬金に優待拡充や分割を組み合わせて一気倍化してますが…ちょっとやり過ぎでしょう。
決算で弱さが垣間見られると触るな危険ですなキナ臭さが漂っているためスルー。

最近だとNST。
東大提携で噴き上がるも一気調整。
割と高めにJCしてしまいすぐ塩漬け赤字枠入りしましたが翌週には再噴火し、黒字化。
そしてPTSですが一部昇格でストップ高。
ビッグデータのテーマも業績予想も申し分ないのでいずれ早いうちにダブルは確実かと。

今年は特に下がりそうで下がらない。
押し目待ちだと有望銘柄逃しそうなんで積極的に中小型狙って仕込みますかね。

この記事へのコメント